独眼流 夏徹の最弱雀士戦記
ただいま900試合平均順位2.58→4000試合2.44
お知らせ(これからの方針について)
完全にガラス牌の全国大会はやらかしました。
70試合打って2回入賞チャンスがあったのに本当に下らないミスでお釈迦にしました。
万死に値する失態だと思います。受験じゃなくて本当によかったと思います。


・・・・・・あ、おれは受験でもやらかしたんだったw


最近は龍球戦5連敗とか、100試合超で平均順位2.50割るとかいろいろ失態が続いてますが、麻雀なんで特に気にしてません。幻バトは球足りないので欠席の予定です。それよりも気にしなければならないのは人生についての失態です。

さて、現役・浪人受験連続で合格圏判定で落ちるという過ちを犯してから人生の歯車が狂った訳ですが、狂わせたのは時の運だけではありません。自分自身の考え方が、根本的に歯車を直そうという思考に至れない精神状態だったことも原因です。おかげで大学内で知り合いも友人もほとんど作っていません。単純な知り合いの数なら教官のほうが多いくらいです。
麻雀にのめり込んだ最大の理由は現実逃避でした。この数年間で受けた屈辱を一時でも忘れたかったからです。私は過去にもそして現在も様々な方法で逃避を続けています。

ご存じだと思いますが、麻雀は偶発性の高い代物で思いがけない好調やこんなに低い確率のことが連続しておこるものなのかと言いたくなるほどの不調もあります。しかし麻雀はその気になれば何回でも試行することが出来ます。運悪く連続して失敗しても、それなりの腕があれば回数をこなすうちに勝っています。コメントで龍も段位もかわらんねというコメントがありましたが、それは絶対にあり得ないことです(同じ回数やって龍と段位ならという前提ですが)。一回の成功で物事を決めるのならば、確かに段位と龍の違いはたいしたことではありません。しかし平均順位の違いに現れてくるように、2000回くらいやれば段位にとどまるものと上級段位をあがっていくものとに分かれるのです。

残念ながら人生において試行回数を、その気になれば何回でも増やせる事象は多くありません。受験はその例の一つです。だからはっきり断言できます。受験は志望校合格が全てであると。もちろんそれなりの大学にはそれなりの用意が必要です。しかし現実にはC判定で受かる人とA判定で落ちる人がいます。

努力は人を裏切ります。なぜなら努力は常に正しくもなければ、結果論と結びつきのあるものでもないからです。
C判定で受かった、おれは努力したと自慢する人には、素早くA判定で落ちた例を提示しておいてあげましょう。彼は結果論と努力を強引に結びつけているので、偶然のせいにすることも出来ず(してしまうと努力と結果が結びつかなくなる)、努力の質の問題にすることも出来ず(そうだとすればなぜC判定しかとれないのかという矛盾におちいる)、黙ることしか出来なくなります。仮に口を開いたとしても支離滅裂な理論しか展開できません。

努力は単純な見返りを要求する方法として最悪の方法です。単純な、技術介入もおもしろみも一切無いギャンブルで金を稼ごうとするようなものです。成功すればいいですが、運悪く失敗したとき、単純な見返りを要求する努力は、代わりに屈辱と虚無感を与えてくれます。私の失敗はそれにつきると思います。受験で私が頑張ったのは単純に高学歴と有名校で得られる人間関係の広がりでした。そのためだけに私は受験のために努力することが出来たのです。

人に感情がある限り、人が努力をするときは単純な見返り以外の何かが必要です。受験の時にもそれさえあれば、救いようのない結果にも納得することが出来たのかも知れません。それが具体的には何かは分かりません。きっと無料でできる雀龍門じゃなくて、わざわざ高額なMJをしている心理に似ていると思います。

私の人生の試行回数はあと何回くらいあるのか知りませんが、とりあえず毎日MJ麻雀の試行回数ばかり増やしていられなくなった様な気がしてきました。

私はおろかなので、卒業が迫って来るにつれ、絶対に今行っている大学を最終学歴にはしたくないと、そのためになら試行回数を捧げてもいいと確信するようになりました。話によるとこの大学に行ってよかったという人が、周りにはそれなりにいるそうです。しかし私にとって全くそうは思えません。大学4年間を無駄なものにする効率のよい方法の一つだと狂信しています。ただ私は努力が大嫌いなので上手く行くかどうかは知りません。

最近更新回数が月2位になってますが、4月から更に減少すると思われます。
MJ4EVOの投稿動画は引き続き上げていこうと思ってますのでそのときはよろしくお願いします。

駄文でしたが最後まで読んでくださりありがとうございました。
EVO始まる
久しぶりの更新です。
者クラスの頃はよくがんばってましたが、ここ4ヶ月近くの間打つペースがかなり断続的になってきてます。

早速ですが、EVOいってきました。
感想は正直言ってあまり変わってないなあといったところです。
インペリアルがありますが、あれならMJ3EVOの頃の幅広い雀荘ルールに戻した方がいいと思う。
廃倉庫の透明牌麻雀は面白いですね。ただレートが超高レートになる日はいつくるのでしょうか?

段位別三人打ちはうまい人なら最短強者コースにもってこいですね。その後秋刀魚Cでうはうはとか。
でも平均1.93には無縁な話なので、今のところどうでもいいです。

よかったところはカードの度数が廃止になったところと、タッチ式で最初しかカードを使わないところですね。地味にカード損失ペナがなくなったのは大きい。
でもモード変更ボタンがないので、違うモードやろうとするとまたカードを取り出さなければならない罠。くれぐれもゲームオーバーの画面を出さずに帰るなんて事はしないように。

またハンディキャップなるものがあって、トレモのハンディキャップ幻球減少値-0.01は多すぎると思う。逆に東風Aが全くないとか。面子的にはトレモの方が高段位者おおいのになあ。

昨日サンマAでフルボッコにされ幻球-8です。現在約6なんで降格見えてきましたね。
っていうようなぼくみたいな方には、トレモ理論編という処方箋があります。16個稼げるらしいです(つかCさんのサイトより)。ただ上級編はかなり難しいので、がんばって勉強または覚えゲーしてください。
copyright © 2017 独眼流 夏徹の最弱雀士戦記 all rights reserved.
Powered by FC2 Blog.